消火器・消防設備点検や貯水槽清掃などの管理サービスを提供しています。

管理ビジネス

貯水槽清掃

貯水槽には定期的な清掃が義務付けられており、それに携わる者は貯水槽清掃の目的と作業の詳細を理解するとともに、作業に際しての安全・衛生管理についても理解しておく必要があります。

貯水槽清掃でお困りの際は、多種多様な貯水槽清掃の実績・ノウハウがある当社におまかせください。

※当社は大分県より「建築物飲料水貯水槽清掃業登録」証明書を頂いております。作業終了後は「貯水槽清掃済ステッカー」を貼付します。

OGSは大分市内の貯水槽清掃を主体としています。
大分市外の場合は別途費用が掛かりますのでご了承ください。

貯水槽設備の機能の点検

貯水槽から各部屋へ飲料水を送り出す為の設備で、給水ポンプといいます。当社での清掃時にはこれらの設備の機能も点検します。

手動・停止・自動切替スイッチ

貯水槽清掃の効果

清掃前 清掃後
法令通りに1年に1回清掃を実施していても汚れが目立ってきます。 内部を高圧ジェット洗浄機により洗浄し、汚れも綺麗に洗い流されています。
清掃後には法令で定められた専用の消毒液(次亜塩素酸ナトリウム水溶液)により2回消毒を行います。

貯水槽清掃した際には、一般飲料水の水質検査を実施します。
その他に残留塩素測定器・濁度計を使用し、簡易水質検査も実施しますので安心です。

建築物衛生法による管理基準

管理者(所有者)は以下の項目を遵守し、管理を行う義務があります。

  1. 給水栓水において「水道法」に定められた残留塩素を保持すること。
  2. 貯水槽(受水槽、高置水槽等の飲料水を貯水する槽)の点検等を行い、有害物、汚水等によって水が汚染されるのを防止すること。
  3. 給水栓における水の色、濁り、味などの状態により水に異常を認めたときは水質基準に関する項目のうち必要なものについて検査を行うこと。
  4. 給水する水が人の健康を害する恐れがあることを知ったときは、直ちに給水を停止し関係者にその危険を周知させること。
  5. 遊離残留塩素の検査は週1回以上、水質検査は半年に1回以上、貯水槽の清掃は年1回以上実施すること。

お困りの点、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

  • お見積もり・お問い合わせはこちらから
  • お電話でもお気軽にご相談ください。
    管理サービスグループ 097-523-1129

事業紹介一覧へ戻るページの先頭へ戻る